近日上映

スクリーン1

  • ルキーノ・ヴィスコンティ特集
    揺れる大地<デジタル修復版>

    2017/05/27〜 06/02

    ①10:00 ②13:00
    ※6/9までの上映、次週は時間が変わります。

     生誕110年没後40年を迎え、80年代以来の規模で上映が続くヴィスコンティ作品。その中でもこの3作品は、普通に生きることが困難になってしまった
    この時代にこそ観て欲しい傑作である。


    シチリア、アーチ・トレッツァの漁村。 ヴィスコンティは二作目で、仲買人たちに不当に搾取される漁師たちと、それに刃向ったがために崩壊するある家族の運命を描いた。 撮影はオールロケ、全出演者を住民からキャスティング、台詞のシチリア方言には標準語字幕をつけるという徹底したリアリズムで、ネオレアリズモの頂点を極めた。だがそれは神話的風格、荘厳さすら漂う叙事詩となり、他のネオリアリズモ作品とは一線を画している。
  • ラ・ラ・ランド

    land_pos 公式サイト

    2017/05/27〜 06/02

    ①16:30 ②19:00
    ※6/2までの上映

    世界に興奮と熱狂を叩きつけた『セッション』監督最新作は、 極上のミュージカル・エンターテイメント!

    伝説の第2章が、胸が高鳴る華やかな音楽と共に幕を開けた! アカデミー賞®を含む50を超える賞を受賞し、日本でも「かつてない衝撃」と劇的なブームを巻き起こした『セッション』から2年、全世界熱望のデイミアン・チャゼル監督の最新作が遂に完成した。 映画と恋におちた若き天才が新たに創り出したのは、歌・音楽・ダンス・物語─すべてがオリジナルにして圧巻のミュージカル映画。この鮮やかでどこか懐かしい映像世界で、一度聞いたら耳から離れないメロディアスな楽曲に乗せて繰り広げられるのは、リアルで切ない現代のロマンス─。
  • LION/ライオン ~25年目のただいま~

    lion_pos 公式サイト

    2017/06/03〜 06/16

    ※上映は6/16まで

    失われた人生探しの先に、彼が目にしたものとは―?
    『英国王のスピーチ』の製作陣が贈る、圧巻の感動ドラマ。


    2012年、驚愕のニュースが世界を駆け廻った。5歳の時にインドで迷子になり、養子としてオーストラリアで育った青年サルーが、Google Earthと出会い、25年ぶりに家を見つけ出したというのだ。このまさかの実話を元に、『英国王のスピーチ』の製作陣が描き出すのは、一人の男が辿ったあまりに数奇な人生の物語。 自らのルーツを探すように、サルーが20年以上前のおぼろげな記憶とGoogle Earthをつき合わせていく中で、次第に明かされていく、彼の巻き込まれた運命の数奇さ、スラム街で幾多の危険をくぐり抜けてきた少年の知恵と生命力、そして深い愛に包まれていた彼の本当の人生―。 主人公のサルーには、『スラムドッグ$ミリオネア』のデヴ・パテル。彼の養母役に、本作でも多くの賞にノミネートされているオスカー女優のニコール・キッドマン、恋人役に『キャロル』でアカデミー賞®にノミネートされたルーニー・マーラ。 壮大な“探し物”の果てに、彼が見つけたものとは?自らの手で奇跡を引き寄せた男の、圧巻の感動ドラマ。
  • エイリアン:コヴェナント

    AC_pos 公式サイト

    2017/09/15〜

    巨匠リドリー・スコットが解き明かす
    “エイリアン誕生”の想像を絶する真実!


    広大な宇宙を舞台に、“完璧な生命体”との遭遇を描き、映画史上に金字塔を打ち立てた『エイリアン』。ジェームズ・キャメロン、エヴィット・フィンチャーといったヒットメーカーを輩出した伝説的なシリーズの想像主、リドリー・スコットが自らメガホンを執った最新作は、ついに“エイリアン誕生”の秘密が解き明かされる衝撃的な物語だ。滅び行く地球を後にして、宇宙の楽園を発見したはずの移動船クルーに未知の新種エイリアンが牙を剥き、観る者はシリーズ最大のミステリーと極限のスリルを体感するとともに、新たな伝説の目撃者となる!

スクリーン2(2本立て)

  • 夏の家族旅行の参考に!(ならない!!)企画
    コン・ティキ(2013)

    kon_tiki_pos 公式サイト
    • 2017/05/27〜06/02

      ①10:00 ②14:50 ③19:00
      ※上映は6/9まで
      ※二本立て(入替えなし)
      ※来週はスケジュールが変わります。

    • 2017/06/03〜06/09

      ①12:45 ②16:55
      ※上映は6/9まで
      ※二本立て(入替えなし)

    「コン・ティキ号」と名付けたいかだで8000キロの太平洋横断に挑戦した男たちの実話を映画化し、第85回アカデミー外国語映画賞にノミネートされた海洋アドベンチャードラマ。1947年、ポリネシアのファツヒバ島で現地民と暮らしながら研究を続けていたノルウェーの人類学者トール・ヘイエルダールは、「ポリネシア人の祖先が南米から海を渡ってきた」という学説を発表するが、誰にも信じてもらえない。そこでトールは、自説を証明してみせるため、1500年前と同じ材料や方法でいかだを作り、5人の仲間とともに風と波を頼りに8000キロにわたる太平洋横断に挑む。アカデミー賞のほか、ゴールデングローブ賞でも外国語映画賞にノミネートされた。製作に「戦場のメリークリスマス」などを手がけた英国人プロデューサーのジェレミー・トーマス。 引用:映画.com
  • 夏の家族旅行の参考に!(ならない!!)企画
    奇跡の2000マイル(2015)

    • 2017/05/27〜06/02

      ①12:45 ②16:55
      ※上映は6/9まで
      ※二本立て(入替えなし)
      ※来週はスケジュールが変わります。

    • 2017/06/03〜06/09

      ①10:40 ②14:50 ③19:00
      ※上映は6/9まで
      ※二本立て(入替えなし)

    ラクダと愛犬とともにオーストラリア砂漠3000キロをたった1人で踏破した女性の実話を、「アリス・イン・ワンダーランド」のミア・ワシコウスカ主演で映画化したロードムービー。思い通りにいかない人生に変化を求め、ひとり都会から砂埃が舞うオーストラリア中央部の町アリス・スプリングスにやってきた女性ロビン。彼女がこの土地に訪れた目的は、砂漠地帯を踏破しインド洋を目指す旅に出ることだった。パブで働きながらラクダの調教を学び、旅の準備を整えたロビンは、4頭のラクダ、愛犬とともに町から旅へと出発する。1日あたり約32キロのペースで歩き、7カ月という日数をかけて達成したその旅の過程で、ロビンはさまざまな出会いや経験を体験することとなる。
    引用:映画.com