近日上映

スクリーン1

  • ギフテッド

    gifted_pos 公式サイト

    2018/01/20〜 02/09

    全米がこの2人に恋をした!
    5週連続トップ10入りの大ヒット!!


    フロリダに暮らす、ちょっと変わった2人と1匹の家族。7歳の生意気ざかりのメアリーと、彼女の叔父でシングルのフランク、そして“歴史上一番すごい猫”のフレッドだ。互いがいるだけで、毎日が記念日のように楽しい時間は、メアリーが学校へ行くことになり揺らぎ始める。彼女には、生まれながらにして数学の天才的な才能があった。「普通に育てたい」というメアリーの母である亡き姉の遺志に従って、フランクはメアリーの英才教育を頑なに拒む。しかし、そこへ縁を切ったはずのフランクの母親が現れ、彼からメアリーを奪おうとする。歴史を変える才能の開花か、愛する者と生きる人生か─果たして、メアリーにとってどちらが幸せなのか? さらに悩めるフランクには、姉から託された“ある秘密”があった─。
  • 花筐/HANAGATAMI

    hanagatami_pos 公式サイト

    2018/01/20〜 02/16

    ①15:00
    ※上映は2/16まで

    「映画化するのは終生の夢であった」・・・大林宣彦

    世界的カルト映画にして大林宣彦監督のデビュー作『HOUSE/ハウス』(77)より以前に書き上げられていた幻の脚本が40年の時を経て奇蹟の映画化。自分の命さえ自由にならない太平洋戦争勃発前夜を生きる若者たちを主軸に、心が火傷するような凄まじき青春群像劇を、圧倒的な映像力で描く。原作は三島由紀夫がこの一冊を読み小説家を志したという檀一雄の純文学「花筐」。尾道三部作をはじめ数多くの“古里映画”を撮り続けてきた大林宣彦が選んだ佐賀県唐津市を舞台に、唐津の魂「唐津くんち」が映画史上初の全面協力。窪塚俊介主演、満島真之介、長塚圭史、常盤貴子ほか。『この空の花』『野のなななのか』に続く本作は、余命宣告を受けながら完成させた大林宣彦的 “戦争三部作”の締めを飾る魂の集大成である。
  • KUBO/クボ 二本の弦の秘密(字幕)

    kubo_pos 公式サイト

    2018/02/03〜 02/23

    ※上映は2/23まで

    『コララインとボタンの魔女』スタジオライカ最新作
    全世界絶賛!世界最高技術で贈る、ストップモーション日本絵巻


    々の傑作を送り出してきたストップモーション技術最高峰・スタジオライカが、今回テーマに挑んだのは、古き日本の世界。情感あふれる日本の風景や風習を、息を飲む美しさで描いた本作は、本年度アカデミー賞やゴールデン・グローブ賞のノミネートを始め、〝アニメ映画界のアカデミー賞″と称されるアニー賞にノミネートされるなど、全世界の映画賞を総なめした話題作だ。監督には、黒澤明や宮崎駿を敬愛する大の日本マニアで、次回作に『トランスフォーマー』のスピンオフ『バンブルビー』も控えた、今や映画界最注目のトラヴィス・ナイト。また、ボイスキャストを務めるのは、シャーリーズ・セロン、マシュー・マコノヒー、レイフ・ファインズ、ルーニー・マーラら、超豪華俳優陣。驚異の技術と、超豪華ハリウッド声優陣で贈る、大人にこそ観てほしい、圧巻のストップモーション絵巻が遂に上陸!
  • パーティで女の子に話しかけるには

    party_pos 公式サイト

    2018/03/10〜 03/23

    ※上映は3/23まで

    『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』ジョン・キャメロン・ミッチェル監督最新作!

    斬新なのに懐かしい、刺激的だけど切ない〈ボーイ・ミーツ・ガール〉の新たなる傑作、誕生! 1977年、ロンドン郊外。パンクなのに内気な少年エンは、偶然もぐりこんだパーティで、反抗的な瞳が美しい少女ザンと出会う。大好きなセックス・ピストルズやパンク・ファッションの話に共感してくれるザンと、たちまち恋におちるエン。だが、ふたりに許された自由時間は48時間。彼女は遠い惑星へと帰らなければならないのだ。大人たちが決めたルールに反発したふたりは、危険で大胆な逃避行に出るのだが──

スクリーン2(2本立て)

  • <大林宣彦監督月間>
    北京的西瓜(ぺきんのすいか)

    pekin_pos
    • 2018/01/20〜01/26

      ※上映は1/26まで
      ※一本立て特别興行フィルム上映
      ※1,000円(回数券の方は+200円)

    ある八百屋夫婦と在日中国人留学生たちとの心暖まる交流を描く。林小利と久我山通原作の実話に基づいた映画化で脚本は石松愛弘が執筆、監督は「異人たちとの夏」の大林宣彦、撮影は「日本殉情伝 おかしなふたり ものくるほしきひとびとの群」の長野重一がそれぞれ担当。 引用:映画.com
  • <大林宣彦監督月間>
    青春デンデケデケデケ

    • 2018/01/27〜02/02

      ※上映は2/2まで
      ※一本立て特别興行フィルム上映
      ※1,000円(回数券の方は+200円)

    1960年代中頃の四国の田舎町を舞台に、ベンチャーズに憧れ、ロックバンドに情熱を燃やす高校生たちを軽快に描く青春ドラマ。監督は「ふたり」の大林宣彦。第105回直木賞を受賞した芦原すなおの同名小説(河出書房新社・刊)を原作に、脚本を石森史郎、撮影を萩原憲治と岩松茂が担当。特別出演するベンチャーズの「パイプライン」をはじめ、60年代のロック・ミュージックが全編に散りばめられている。
    引用:映画.com
  • <大林宣彦監督月間>
    はるか、ノスタルジィ

    haruka_pos
    • 2018/02/03〜02/09

      ※上映は2/9まで
      ※一本立て特别興行フィルム上映
      ※1,000円(回数券の方は+200円)

    青春時代を過ごした小樽を訪れた作家と彼に町を案内する少女が、作家の本名を名乗る不思議な少年に導かれて、痛ましい青春の記憶を再生させていくドラマ。「転校生」「さびしんぼう」に続く原作・山中恒、監督・大林宣彦のコンビの第三作で、山中が故郷・小樽を舞台に書き下ろした作品を大林自身が脚色、大林ファンタジーの集大成的な作品になっている。先に公開された「青春デンデケデケデケ」の前に撮影された作品で、「ふたり」に続いて石田ひかりが主演、少女・はるかと、三好遥子の二役に挑んでいる。友情出演として多岐川裕美、石田ゆり子、入江若葉、岩松了ほか多くのゲストが顔を出している。小樽・札幌・大阪などでは九二年に先行公開された。
    引用:映画.com
  • <大林宣彦監督月間>
    あした

    ashita_pos
    • 2018/02/10〜02/16

      ※上映は2/16まで
      ※一本立て特别興行フィルム上映
      ※1,000円(回数券の方は+200円)

    死者からのメッセージを受け取った、残された家族や恋人たちの別れと“あした”への旅立ちを描いた人間ドラマ。「ふたり」に続き赤川次郎の『午前0時の忘れもの』を原作に、冬の尾道の海を舞台に描かれる大林宣彦の新・尾道三部作の第二作。尾道三部作(「転校生」「時をかける少女(1983)」「さびしんぼう」)は少年・少女の甘酸っぱい青春を描いたものだったが、「ふたり」に始まる新・尾道三部作は“家族”がテーマの基調となっている。出演は「今日から俺は!!」の高橋かおり、「青春デンデケデケデケ」の林泰文、「人造人間ハカイダー」の宝生舞など。
    引用:映画.com
  • <文化工房かりや企画公演 協賛割引あり>
    オーケストラ!

    orchestra_pos 公式サイト
    • 2018/02/17〜02/23

      ①12:10 ②16:30
      ※上映は3/2まで
      ※二本立て(入替えなし)
      ※フィルム上映
      2作品観て1,000円(回数券の方は+200円)

    • 2018/02/24〜03/02

      ①10:20 ②14:40 ③19:00
      ※上映は3/2まで
      ※二本立て(入替えなし)
      ※フィルム上映
      2作品観て1,000円(回数券の方は+200円)

    ロシア・ボリショイ交響楽団で劇場清掃員として働く、さえない中年男アンドレイ。
    そんな彼だが、かつては栄えあるボリショイオーケストラで主席をつとめた天才指揮者だった。
    共産主義時代、”ユダヤ主義者と人民の敵”と称されたユダヤ系の演奏家たち全員の排斥を拒絶し、名声の絶頂期に解雇されたのだ。
    そんなある日、清掃中にアンドレイは、1枚のFAXを目にする。
    それは、演奏を取りやめたサンフランシスコ交響楽団の代わりに、パリのブレイエルに出演するオーケストラを2週間以内に見つけたいという内容のものだった。FAXを見た瞬間、アンドレイは正気の沙汰とは思えない、とんでもないことを思いつく。それは彼と同じく、いまやおちぶれてしまった、かつてのオーケストラ仲間を集め、偽の楽団を結成し、ボリショイの代表としてこのコンサートに出場するというものだった!
    タクシー運転手、蚤の市業者、ポルノ映画の効果音担当・・・モスクワの片隅でかろうじて生計をたてていたかつての仲間たちを説得にまわるアンドレイ、ところが・・・・。
    主演はロシアの名優アレクセイ・グシコフ、共演に「イングロリアス・バスターズ」のメラニー・ロランほか。
  • <文化工房かりや企画公演 協賛割引あり>
    シェフ! ~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~

    shef_pos 公式サイト
    • 2018/02/17〜02/23

      ①10:20 ②14:40 ③19:00
      ※上映は3/2まで
      ※二本立て(入替えなし)
      ※フィルム上映
      2作品観て1,000円(回数券の方は+200円)

    • 2018/02/24〜03/02

      ①12:50 ②17:10
      ※上映は3/2まで
      ※二本立て(入替えなし)
      ※フィルム上映
      2作品観て1,000円(回数券の方は+200円)

    スランプ気味の三ツ星レストランの料理人と元シェフのペンキ塗り職人が巻き起こす奇跡を通して、人生の喜びや幸せについて描くヒューマン・コメディー。天才的な舌を持ちながら高慢な態度ゆえにレストランを次々と辞めさせられる主人公を『変態ピエロ』のミカエル・ユーンが、星を一つでも失えばクビが飛ぶ三ツ星レストランの一流シェフを『レオン』のジャン・レノが演じる。著名なシェフであるブノワ・ボルディエが手掛けたレシピを基にした、伝統的なものからアバンギャルドなものまで趣向を凝らしたフランス料理の数々にも注目。