近日上映

スクリーン1

  • グリーンブック

    greenbook_pos 公式サイト

    2019/04/26〜 05/09

    上映時間
    4/26 - 5/9
    ①10:00
    ②17:20

    5/16まで上映(予定)

    このおじさん二人の物語が、まさかの本年度賞レース席巻!!

    時は1962年、ニューヨークの一流ナイトクラブ、コパカバーナで用心棒を務めるトニー・リップは、ガサツで無学だが、腕っぷしとハッタリで家族や周囲に頼りにされていた。ある日、トニーは、黒人ピアニストの運転手としてスカウトされる。彼の名前はドクター・シャーリー、カーネギーホールを住処とし、ホワイトハウスでも演奏したほどの天才は、なぜか差別の色濃い南部での演奏ツアーを目論んでいた。二人は、〈黒人用旅行ガイド=グリーンブック〉を頼りに、出発するのだが─。

    トニーとシャーリーを演じるのは、二度アカデミー賞®ノミネートされたヴィゴ・モーテンセンと同賞を受賞したマハーシャラ・アリ。二人の幸せな奇跡の物語を観る者の心にまっすぐ届けてくれる。監督は『メリーに首ったけ』などコメディで知られるピーター・ファレリー。キャリア初の感動作を傑作に仕上げた。

    異なる世界に住む二人の壮大なズレに笑い、ツアーの本当の目的に胸を熱くし、極上のラストにスタンディングオベーションを贈らずにいられない、痛快で爽快、驚きと感動の実話!

    刈谷日劇のインスタレビュー

スクリーン2

  • SOUNDS LIKE SHIT – the story of Hi-STANDARD –

    SOUNDS-LIKE-SHIT_pos 公式サイト
    • 2019/04/26〜05/16

      上映時間
      4/26 - 5/2
      ①16:50

    Hi-STANDARDの栄光と挫折、再始動の裏側に迫ったドキュメンタリー映画


    1999年に発表したアルバムが全世界で100万枚以上の売上を記録するなど、当時の若者を中心に多大な影響を与えたパンクバンドHi-STANDARD。

    パンクカルチャーの先頭に立ってシーンを牽引し、絶大なる人気を誇っていた彼らは2000年、理由を一切公表することなく、突然その活動を止めた。

    まるで事実かのように吹聴される噂、次第に明らかになるメンバー間の確執......。様々な言葉が一人歩きするなか、ずっと胸に秘めていた想いが3人にはあった――。

    時は流れ、2011年に奇跡の再始動を遂げたのをきっかけに、Hi-STANDARDは2017年、自身初のアリーナツアーを成功させた。そして今、かつて伝説と呼ばれた3人が自身の絶頂とドン底について、圧倒的な演奏シーンやほぼ全編が初公開となる貴重な映像群とともに赤裸々に語る。

    なぜ我々はHi-STANDARDに青春を捧げたのか、なぜあの3人は今なお輝き続けるのか、その答えはこの作品の中にある。
  • まくこ

    makuko_pos 公式サイト
    • 2019/04/26〜05/09

      上映時間
      4/26 - 5/2
      ①12:50

    今、忘れたくない、かけがえのない“あの頃”に涙するー


    大人になりたくない少年が恋をした、大きな秘密をもつ少女。閉ざされた町に彼女が撒いたものとは? 直木賞作家・西加奈子の小説が、想像を超える、せつなくも美しい世界にー。大人たちに気づきをくれる、奇跡の物語。

    ひなビタ温泉街の旅館の息子サトシは、小学5年生。自分の体の変化に悩み、女好きの父親に反感を抱いていた。ある日、美しい少女コズエが転入してくる。言動がどこか不思議なコズエに最初は困惑していたサトシだったが、シダに彼女に魅せられていく。そして、「ある星から来たの。」と信じがたい秘密を打ち明けられる。コズエが、やがて街の人々みんなに撒いたものとは・・・。

    かつて子どもだった大人たちへ、信じることや変化を恐れないこと、許すことの強さを教えてくれる、再生と感動の映画が誕生。幸福感に包まれる優しいラストが、明日への一歩をそっと押してくれる。