近日上映

スクリーン1

  • スリー・ビルボード

    3BB_pos 公式サイト

    2018/04/28〜 05/11

    ①12:40 ②19:00
    ※上映は5/18まで

    アカデミー賞®作品賞に最も近い賞として近年注目される、トロント国際映画祭観客賞を受賞。先に開催されたベネチア国際映画祭でも脚本賞に輝き、早くも本年度賞レースの大本命との呼び声も高い超話題作が、いよいよ日本に登場する。  ミズーリ州のさびれた道路の3枚の広告看板にメッセージを出したのは、7カ月前に何者かに娘を殺されたミルドレッド。犯人は一向に捕まらず、何の進展もない捜査状況に腹を立て、警察署長にケンカを売ったのだ。署長を敬愛する部下や町の人々に脅されても、一歩も引かないミルドレッド。その日を境に、次々と不穏な事件が起こり始め、やがて思いもかけない、誰もが想像できないドラマが始まる──。
  • ゴーギャン タヒチ、楽園への旅

    out_gauguin_B1_poster 公式サイト

    2018/04/28〜 05/11

    ①10:00 ②15:00
    ※上映は5/11まで
    ※ R15+

    術華やかなりし19世紀フランスに誕生した画家たちのなかで、ポール・ゴーギャンは、ゴッホ、セザンヌらと並び、“後期印象派”と称される画家の一人であり、特にゴッホとは1888年の一時期、共同生活をしながら創作に励んだことはよく知られている。また2016年には日本でも「ゴッホとゴーギャン展」(東京都美術館)が開催され、約40万人を動員するという不動の人気を誇る画家でもある。 この時代の天才たちの中でもひときわ野生を切望し、作品のモチーフにも異国情緒と神秘を持ち込んだゴーギャン。 1876年にはパリのサロンへの入選を果たすものの、次第に彼の関心はどこか遠い未開の地へと移っていく。そしてマルティニーク島やパナマへの旅を経て、ついに見つけた楽園、それがタヒチだった。 第一次タヒチ時代を描いた本作では、この時代の作品として後年世界に衝撃を持って迎えられることになる名画誕生の瞬間を、ポリネシアの奔放な大自然のなかで大胆に見せていく。“原始のイヴ”をモデルとして、数々の作品を生み出していく“熱帯のアトリエ”における芸術家の愛と苦悩。名画誕生の秘密が、いま、ようやく明かされる――。
  • <ハル・ハートリー監督特集>
    トラスト・ミー

    Trust_pos

    2018/04/28〜 05/02

    ①17:00
    ※上映は5/2まで

    1990年代のニューヨーク・インディペンデント映画界を代表する名匠ハル・ハートリーが監督・脚本を手がけた長編第2作で、91年サンダンス国際映画祭で脚本賞を受賞したラブストーリー。16歳の少女マリアは妊娠して高校を中退することに。怒る父親を平手打ちするマリアだったが、その直後に父親は心臓発作で死亡し、彼女は母親に家を追い出されてしまう。一方、父親と暮らすコンピューター技師の青年マシューは、上司と衝突して仕事を辞めてしまう。偶然出会ったマリアとマシューは互いに惹かれ合い、ともに生きることを決意するが……。ハートリー監督の長編第1作「ニューヨーク・ストーリー」でも主演を務めたエイドリアン・シェリーがマリア役、後にハートリー監督作の常連俳優となるマーティン・ドノバンがマシュー役を演じた。日本では93年に劇場公開。
    引用:映画.com
  • <ハル・ハートリー監督特集>
    ヘンリー・フール

    Henry_pos

    2018/04/28〜 05/02

    ①19:00
    ※上映は5/2まで

    1990年代ニューヨーク・インディペンデント映画界の名匠ハル・ハートリーが、自称天才作家ヘンリーと彼に詩の才能を見出された青年サイモンの交流をオフビートに描き、第51回カンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞したヒューマンコメディ。ニューヨークのクイーンズ地区で暮らす内気な青年サイモンは、自由奔放な姉フェイやうつ病の母メアリーを養うため、ゴミ収集人として冴えない人生を歩んでいた。そんな彼の日常が、謎めいた浮浪者の男ヘンリー・フールが自宅地下室に住み着いたことで一変。天才作家を自称するヘンリーに勧められて詩を書き始めたサイモンは思わぬ才能を発揮し、詩人として注目を集めるようになるが……。2006年の「フェイ・グリム」、14年の「ネッド・ライフル」へと続く「ヘンリー・フール3部作」の第1作。日本では99年に劇場初公開。
    引用:映画.com
  • <ハル・ハートリー監督特集>
    フェイ・グリム

    Fay_pos

    2018/05/03〜 05/06

    ①17:00
    ※上映は5/6まで

    1990年代ニューヨーク・インディペンデント映画界の名匠ハル・ハートリーによる「ヘンリー・フール3部作」の第2作。前作「ヘンリー・フール」に登場するサイモンの姉フェイ・グリムを主人公に、前作とはジャンルの全く異なるスパイスリラーとして完成させた。ヘンリーが姿を消してから7年。ヘンリーの逃亡を幇助した罪で服役中のサイモンは、かつてヘンリーが執筆した本に重要機密が隠されている可能性を疑いはじめる。ある日、サイモンの妹でヘンリーとの息子ネッドを女手ひとつで育てるフェイの元にCIAエージェントが現われ、ヘンリーの手記をフランス政府が持っていることを告げる。サイモンの釈放と引き換えにヘンリーの手記を引き取りに行くことになった彼女は、各国のスパイ戦に巻き込まれてしまう。
    引用:映画.com
  • <ハル・ハートリー監督特集>
    ネッド・ライフル

    Ned_pos

    2018/05/03〜 05/06

    ①19:10
    ※上映は5/6まで

    1990年代ニューヨーク・インディペンデント映画界の名匠ハル・ハートリーによる「ヘンリー・フール三部作」の完結篇。ヘンリーとフェイの息子ネッド・ライフルを主人公に、行方不明になった父親探しの旅を描く。里親の元で18歳に成長したネッド。父ヘンリーは国家反逆罪で指名手配中、母フェイはテロ犯として終身刑の身だ。家族の不幸の元凶が全て父にあると信じるネッドは、彼を探し出して復讐するべく旅に出る。道中で叔父サイモンの詩に執着する女性スーザンと出会い、一緒に旅を続けるネッドだったが……。
    引用:映画.com
  • シェイプ・オブ・ウォーター

    sow_pos 公式サイト

    2018/05/19〜 06/08

    ※上映は6/8まで

    アカデミー賞®最有力!! 『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロ監督が贈る 切なくも愛おしい、誰も観たことがない究極のファンタジー・ロマンス 1962年、アメリカ。政府の極秘研究所に勤めるイライザは、秘かに運び込まれた不思議な生きものを見てしまう。アマゾンで神のように崇められていたという“彼”の魅惑的な姿に心を奪われたイライザは、周囲の目を盗んで会いに行くようになる。子供の頃のトラウマで声が出せないイライザだったが、“彼”とのコミュニケーションに言葉は必要なかった。二人の心が通い始めた時、イライザは“彼”が間もなく実験の犠牲になると知る──。
  • クジラの島の忘れもの

    kujiranoshima_pos 公式サイト

    2018/05/26〜 06/08

    ※上映は6/8まで

    夢を失くした女性と、夢を追いかけるベトナム人の青年が、運命に導かれるように出逢い、自然に惹かれ合い、そして国境を超えて愛を貫く姿を描いたヒューマン・ラブストーリー。感動の実話をベースに生み出された 本作は、愛する人を失った痛みや人生にもたらされる福音を繊細なタッチで描き出している。
    心に影を落とすヒロイン・愛美を演じるのは、『高校デビュー』で主演を飾り、『雨にゆれる女』『TANIZAKI TRIBUTE/悪魔』など話題作に多数出演する大野いと。本作では、儚さとひたむきに未来へ踏み出そうとする力強さをあわせ持つ愛美を見事に演じきっている。愛美に恋心を抱くベトナム人・コアには、スティーブン・スピルバーグ監督作『レディ・プレイヤー1』の準主役をオーディションで勝ち取った新星・森崎ウィン。ダンスボーカルユニットPrizmaXのメンバーとしても活躍中で、国内のみならず海外でも人気急上昇中の存在だ。監督は沖縄出身在住でCMや短編映画等を手がけ、本作が堂々の長編映画デビューとなる牧野裕二。 全編沖縄とベトナムで撮影された美しい景色が2人の紡ぐ恋模様を優しく包み込み、観た後に大切な誰かに会いたくなる、傑作純愛映画の誕生です!
  • 棘の中にある奇跡 ~笠間の栗の木下家~

    公式サイト

    6月公開予定

    日本一の栗の出荷量を誇る茨城県笠間市。 雄大な自然を舞台に、故郷、家族、人と人との繋がり、 夢、温もりを大切にした 映画「棘の中にある奇跡 ~笠間の栗の木下家」 茨城の農家で、栗が起こしたちょっとした奇跡――― 誰の中にも愛はある。 どんなイガに包まれていても、その奥には大切な想い出と愛がある。 故郷を離れ、頑張っているすべての人たちへ、 そして故郷を守る大切な人たちへ
  • ダンガル きっと、つよくなる

    dangal_pos 公式サイト

    近日公開

    インド映画の世界興収歴代第1位の座を奪取し、中国では『君の名は。』の記録のダブルスコアとなるモンスター級のヒットを樹立、今も各国で記録を更新中の話題の大興奮作。  圧巻の面白さと感動で人々の心をわしづかみにしたのは、レスリング一直線の熱血パパと2人の娘たちの実話。「巨人の星」の星一徹ばりの過酷な特訓を強いるパパに、「猛烈すぎる!」と驚いた観客も、因習、悪徳コーチ、挫折、世界の壁……いくつもの限界を、娘を支えながら共にブチ破っていくその姿に魂を燃やされる。やがて彼の真の目的が明かされた時、観る者の涙腺は決壊、クライマックス30分は爽快な涙が止まらない。
  • 犬ヶ島

    inu_pos 公式サイト

    近日公開

    第68回ベルリン国際映画祭【銀熊賞】2作品連続受賞の快挙達成!『ファンタスティックMr.FOX』でストップモーション・アニメの新次元を切り開き、日本でも大ヒットを記録した『グランド・ブダペスト・ホテル』でアカデミー賞®9部門にノミネートされたウェス・アンダーソン監督が、自身の最高傑作を塗り替える最新作を完成させた! 日本を深く愛するアンダーソン監督が、「黒澤明と宮崎駿、二人の巨匠から強いインスピレーションを受けて作った」と語る本作の舞台は近未来の日本。4年の歳月をかけ、670人ものスタッフが心を込めて作り上げた登場人物と犬たち!一つ一つ精巧にデザインされた驚愕の“日本”のセット!ユニークで愛くるしい犬たちと少年の間に芽生えていく温かい絆に、世界中がピュアなハートを取り戻す、心躍る冒険物語。

スクリーン2(2本立て)

  • ニュー・ジャーマン・シネマの開拓者 ビム・ベンダース監督
    パリ、テキサス

    paris_pos
    • 2018/04/28〜05/11

      ①10:00 ②14:00
      ※上映は5/11まで
      ※特别興行1本立て800円

    テキサス州の町パリを求めて砂漠をさまよう男トラビス。倒れて口もきかない彼を弟がロサンゼルスの自宅に連れ帰ると、そこには四年前に置き去りにした息子がいた。今度は息子と一緒に妻を捜しに、ふたたびテキサスへと旅立つトラビスだったが、そこには思いがけないにがい再会が待っていた……。ミュラーの切り取る流麗な風景にライ・クーダーの哀愁の旋律が哀しい、ロード・ムービーの作家ベンダースの傑作。
    引用:映画.com