近日上映

スクリーン1

  • 万引き家族

    manbiki_pos 公式サイト

    2018/07/21〜 07/27

    ①10:00 ②12:15 ③17:00 ④19:10
    ※上映は8/3まで

    第71回カンヌ国際映画祭 最高賞 パルムドール受賞作!

    三度目の殺人』が数々の賞で称えられた是枝裕和監督の長編14作目となる待望の新作『万引き家族』。様々な“家族のかたち”を描き続けてきた是枝監督が、この10年間考え続けてきたことを全部込めたと語る渾身作。東京の下町にで質素に暮らす、一見どこにでもいそうな平凡で貧しいありふれた家族。しかし、彼らは生計を立てるため、家族ぐるみで軽犯罪を重ねていたのだったー。犯罪でしかつながれなかった家族の “許されない絆”が、ある事件をきっかけに衝撃の展開を迎える。人と人との関係が希薄な今の時代に、真の “つながり”とは何かを問う、心揺さぶる衝撃の感動作が誕生した!
  • 友罪

    yuzai_pos 公式サイト

    2018/07/21〜 07/27

    ①14:30
    ※上映は7/27まで

    『64-ロクヨン-』監督×制作陣 再び集結!
    魂を揺さぶる衝撃の問題作 遂に映画化!

    ジャーナリストの夢に破れた益田。他人との交流を避ける無口な鈴木。 二人は町工場で出会い、同じ寮で暮らし始める。 「俺が死んだら悲しい?」「悲しいに決まってるだろ」 益田にとって他愛のないやり取りだったはずのそれは、鈴木の悲壮な思いを秘めた質問だった。 やがて少しずつ友情が芽生えてゆく二人。だが、ある事件をきっかけに益田は、鈴木が17年前の連続児童殺害事件の犯人だった “少年A”ではないかと疑い始める――。
  • ホースソルジャー

    horsesoldiers_pos 公式サイト

    2018/08/04〜 08/17

    ※上映は8/17まで

    『ブラックホーク・ダウン』の製作者ジェリー・ブラッカイマーが 『アベンジャーズ』『マイティ・ソー』シリーズのクリス・ヘムズワース主演で放つ 知られざる衝撃の実話!

    9.11直後、最初に戦地へと向かった米軍騎馬隊(グリーンベレー)の12人の男たち 5万人の敵に立ち向かった彼らの“あり得ない”作戦とは? 最高機密として封印された戦いの全貌が、遂に明かされる!
    ハリウッド随一のヒットメーカー、ジェリー・ブラッカイマーが製作を手がけ、主演のクリス・ヘムズワースを筆頭に、実力派俳優達が集結。最新鋭の兵器を駆使するタリバン相手に、今、米軍騎兵隊が甦る。壮絶な戦いに挑む者たちの誇り高き魂の実話。
  • 犬ヶ島

    inu_pos 公式サイト

    2018/08/04〜 08/17

    ※上映は8/17まで

    第68回ベルリン国際映画祭【銀熊賞】2作品連続受賞の快挙達成!『ファンタスティックMr.FOX』でストップモーション・アニメの新次元を切り開き、日本でも大ヒットを記録した『グランド・ブダペスト・ホテル』でアカデミー賞®9部門にノミネートされたウェス・アンダーソン監督が、自身の最高傑作を塗り替える最新作を完成させた! 日本を深く愛するアンダーソン監督が、「黒澤明と宮崎駿、二人の巨匠から強いインスピレーションを受けて作った」と語る本作の舞台は近未来の日本。4年の歳月をかけ、670人ものスタッフが心を込めて作り上げた登場人物と犬たち!一つ一つ精巧にデザインされた驚愕の“日本”のセット!ユニークで愛くるしい犬たちと少年の間に芽生えていく温かい絆に、世界中がピュアなハートを取り戻す、心躍る冒険物語。
  • ファントムスレッド

    Phantom_pos 公式サイト

    2018/08/11〜 08/24

    ※上映は8/24まで

    男は女にドレスを着せることを望み、女は男を丸裸にしたいと願った 。1950年代のロンドン。唯一無二のデザインと職人技術で英国の高級婦人ファッション界の中心に君臨する仕立て屋のレイノルズは、ウェイトレスのアルマと惹かれ合い、彼女を新たなミューズに迎える。レイノルズにとってミューズは創作に不可欠なインスピレーションと一時の癒しをもたらす存在、それ以上でもそれ以下でもないはずだった。しかし若く情熱的なアルマは、恐るべき愛の力でレイノルズの心に入り込み、彼が長年かけて築き上げた孤高の領域をかき乱していく̶̶。運命の恋に落ちた男女は、相手をどこまで自分のものにできるのか?愛に屈し、自分を失うことは悦びか悲劇か?やがて狂い始める二人の関係は、“ある秘密”を抱きながら激しさを増していき、誰もが想像し得ない境地にたどり着く。極上の恋愛にひと匙の媚薬を垂らし、観るものを虜にして離さない至高のドラマが誕生した。
  • 志乃ちゃんは自分の名前が言えない

    shinochan_pos 公式サイト

    2018/08/25〜 09/07

    ※上映は9/7まで

    不器用な二人の小さな一歩。 悩みもすべて抱きしめて世界はかすかに輝きだす。

    高校一年生の新学期。喋ろうとするたび言葉に詰まってしまう志乃は、自己紹介で名前すら上手く言うことが出来ず、笑い者になってしまう。ひとりぼっちの高校生活を送る彼女は、ひょんなことから同級生の加代と友達になる。ギターが生きがいなのに音痴な加代は、思いがけず聴いた志乃の歌声に心を奪われバンドに誘う。文化祭に向けて不器用なふたりの猛練習が始まった。コンプレックスから目を背け、人との関わりを避けてきた志乃と加代。互いに手を取り小さな一歩を踏み出すが――。 あの頃、誰もが抱いた苦悩や葛藤。戻れないからこそ現在を照らしてくれる、つたなくて、いとおしい日々。胸を打つラストに涙溢れる、傷だらけでまぶしい青春映画の傑作が誕生した!
  • ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ・アディオス

    buenavista_pos 公式サイト

    2018/10/06〜 10/19

    1997年、1枚のアルバムが、世界の音楽シーンに驚きと至福のセンセーションを巻き起こした。当時なんと90代のギタリストを筆頭に、かつて第一線で活躍していたキューバのベテラン歌手や音楽家たちを復活させた、「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」だ。アルバムタイトルは、実在した会員制の音楽クラブの名前で、そのまま彼らのバンド名にもなった。アメリカの偉大なるギタリストと称えられる、ライ・クーダーがプロデュースしたこのアルバムは、権威あるグラミー賞を受賞し、ワールド・ミュージックのジャンルとしては異例となる400万枚を売り上げた。 さらに、名匠ヴィム・ヴェンダースが彼らの音楽と人柄に惚れ込んで監督したドキュメンタリー映画『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』が、全世界で破格のヒットを飛ばし、アカデミー賞®長編ドキュメンタリー賞にノミネートされる。日本でも2000年に公開され、ミニシアターの枠を超える大ヒットを成し遂げた。その熱狂は、音楽・映画にとどまらず、サルサダンスのブームやキューバレストランの流行、キューバへの直行便の就航が始まるまでの社会現象へと広がっていった。
  • スターリンの葬送狂騒曲

    stalin_pos 公式サイト

    2018/10/20〜 11/02

    世界各国でブラックヒット!!ロシア政府“上映禁止”の超問題作!!
    “ヒトラーを超える大量虐殺”ソ連の独裁者スターリンが急死! 絶対的な箝口令により、現在まで決して明かされることのなかった禁断!?の≪真実≫が今、明かされるー! 「驚くことに、ほとんどが事実」というフランスのベストセラーを映画化したのは、アカデミー賞ノミネートとエミー賞受賞歴のあるアーマンド・イアヌッチ監督。 スティーヴ・ブシェミら個性派が、俳優生命を自ら追い込むほどの熱演を披露。 壮大なのに姑息、大真面目なのに可笑しくて、卑劣で残忍なのに惹きこまれる “偉人!?”たちの黒歴史を暴く必見ブラックコメディ!
  • 棘の中にある奇跡 ~笠間の栗の木下家~

    公式サイト

    近日公開

    日本一の栗の出荷量を誇る茨城県笠間市。 雄大な自然を舞台に、故郷、家族、人と人との繋がり、 夢、温もりを大切にした 映画「棘の中にある奇跡 ~笠間の栗の木下家」 茨城の農家で、栗が起こしたちょっとした奇跡――― 誰の中にも愛はある。 どんなイガに包まれていても、その奥には大切な想い出と愛がある。 故郷を離れ、頑張っているすべての人たちへ、 そして故郷を守る大切な人たちへ
  • バトル・オブ・ザ・セクシーズ

    BOS_POSTER_fix_ol 公式サイト

    ※近日公開

    全世界が息をのんだ〈女と男の戦い〉
    女子現テニス世界チャンピオン29歳vs 男子元世界チャンピオン55歳 果たして勝者はどちらか? そして、この戦いの本当の目的とは?

    監督は作品賞を始めアカデミー賞®4部門にノミネートされた『リトル・ミス・サンシャイン』のジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス。ビリー・ジーンには、世界中から愛されて大ヒットとなった『ラ・ラ・ランド』で見事オスカーに輝いたエマ・ストーン、ボビー・リッグスには『フォックスキャッチャー』で同賞にノミネートされたスティーブ・カレル。スポーツ界はもちろん、政治や社会、学校や家庭における女と男の関係までも変えた世紀の戦いの全貌が今、明かされる! 最高に爽快で痛快なラストが、真に自分らしくあるための勇気と希望をくれる感動の実話。

スクリーン2(2本立て)

  • スクリーン2は休映となります。

    • 2018/07/21〜07/27