タイムテーブル

スクリーン1

  • ファントムスレッド

    Phantom_pos 公式サイト

    2018/08/18〜 08/24

    ①10:00 ②12:30 ③15:00
    ※上映は8/24まで

    男は女にドレスを着せることを望み、女は男を丸裸にしたいと願った 。1950年代のロンドン。唯一無二のデザインと職人技術で英国の高級婦人ファッション界の中心に君臨する仕立て屋のレイノルズは、ウェイトレスのアルマと惹かれ合い、彼女を新たなミューズに迎える。レイノルズにとってミューズは創作に不可欠なインスピレーションと一時の癒しをもたらす存在、それ以上でもそれ以下でもないはずだった。しかし若く情熱的なアルマは、恐るべき愛の力でレイノルズの心に入り込み、彼が長年かけて築き上げた孤高の領域をかき乱していく̶̶。運命の恋に落ちた男女は、相手をどこまで自分のものにできるのか?愛に屈し、自分を失うことは悦びか悲劇か?やがて狂い始める二人の関係は、“ある秘密”を抱きながら激しさを増していき、誰もが想像し得ない境地にたどり着く。極上の恋愛にひと匙の媚薬を垂らし、観るものを虜にして離さない至高のドラマが誕生した。
  • スパイナル・タップ

    spinaltap_pos 公式サイト

    2018/08/18〜 08/31

    ①17:30 ②19:10
    ※上映は8/31まで

    60年代から活躍する架空のブリティッシュ・ロックバンド「スパイナル・タップ」。彼らがニューアルバムを引っさげて82年に行った伝説の全米ツアーの模様を収めた――という設定のロキュメンタリー《ロック・モキュメンタリー》が、34年の時を越え、ついに日本で初公開となる。 当時隆盛を極めていたハードロック/ヘヴィ・メタルの文化や音楽を風刺し、《ロックバンドあるある》が凝縮、近年に至るまでロック映画・カルト映画・コメディ映画史にその名を刻み続ける金字塔的作品である。「カルト・ムービー・トップ50」(エンターテインメント・ウィークリー誌03年発表)、「歴代ロック映画トップ10」(Mojo誌05年発表)、「ロックンロール映画オールタイムベスト100」(BLENDER誌05年発表)で第1位を飾るなど世界的に評価が高く、『食人族』(80)と共にモキュメンタリーというジャンルの草分け的存在としても知られている。 彼らの華々しい歴史と活躍を追うのは、これまた架空の映画監督に扮したロブ・ライナー監督(『スタンド・バイ・ミー』(86)、『恋人たちの予感』(89)、『ミザリー』(90))。知られざるバンドの裏側と、波乱に満ちたバンド・ヒストリーを描いた笑撃の傑作がスクリーンへ!

スクリーン2