タイムテーブル

スクリーン1

  • ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ

    big_pos 公式サイト

    2018/04/21〜 04/27

    ①14:30 ②16:45 ③19:00
    ※上映は4/27まで

    17年夏、アメリカでたった5スクリーンから始まった公開が、「すでに今年No.1!」、「傑作!異文化のタブーに踏み込んだ笑いと感動の絶妙なバランス」、「ロマコメに新しいスタンダードができた」などの口コミが広がりなんと2600スクリーンまで拡大して大ヒット!

    パキスタンで生まれシカゴに移住したクメイルは、弁護士になれという親の反対を押し切って、コメディアンを目指していた。アメリカ人大学院生のエミリーと付き合っていたが、同郷の花嫁しか認めない厳格な母親に言われるまま、見合いをしていたことがバレて破局に。ところが数日後、エミリーは原因不明の病で昏睡状態に。クメイルは病院で、エミリーの両親に出会う。最初は娘を傷つけたクメイルに怒っていた両親だったが、意外な出来事をきっかけに3人は心を通わせ始める。深い愛に満ちた彼らと共に命の危険にさらされるエミリーを見守るクメイルは、自分にとっても彼女がいかに大切な存在かに気付いていく。未だ売れるチャンスは掴めなかったが、夢を応援してくれた彼女のためにも、ステージに立ち続けるクメイル。果たして、エミリーは目覚めるのか? その時、二人の未来の行方は?
  • マンハント

    manhunt_pos 公式サイト

    2018/04/21〜 04/27

    ①10:00 ②12:05
    ※上映は4/27まで

    「レッドクリフ」「男たちの挽歌」シリーズの名匠ジョン・ウーが、「戦場のレクイエム」のチャン・ハンユーと「三度目の殺人」の福山雅治をダブル主演に迎えたサスペンスアクション。日本でオールロケを敢行し、1976年に高倉健主演で映画化された西村寿行の小説「君よ憤怒の河を渉れ」を再映画化した。製薬会社の顧問弁護士をつとめる男ドゥ・チウは、パーティの翌朝、社長秘書・希子の死体の横で目を覚ます。現場の状況証拠はドゥ・チウが犯人だと示しており、罠にはめられたと気付いた彼は逃亡を図る。独自の捜査でドゥ・チウを追う敏腕刑事・矢村は、ドゥ・チウに近づけば近づくほど事件に違和感を抱くように。やがてドゥ・チウを捕らえた矢村はドゥ・チウの無実を確信し、警察に引き渡さずともに事件の真相を追うことを決意する。共演にも「第7鉱区」のハ・ジウォン、「哭声 コクソン」の國村隼、「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」の桜庭ななみら日中韓の人気俳優がそろう。
    引用:映画.com

スクリーン2

  • <蘇る昭和パワー・フィルム上映>
    熱海殺人事件

    2018/04/14〜 04/20

    ①12:40 ②16:50
    ※上映は4/27まで
    ※二本立て(入替えなし)

    2018/04/21〜 04/27

    ①14:50 ②19:00
    ※上映は4/27まで
    ※二本立て(入替えなし)

    熱海で起きた通俗的な殺人事件を担当する部長刑事の型破りな捜査を描く。つかこうへい原作の『小説熱海殺人事件』の映画化で、脚本は「二代目はクリスチャン」のつかこうへい、監督はこれが第一回作品となる高橋和男、撮影は「タンポポ」の田村正毅がそれぞれ担当。主題歌は、サンディ&ザ・サンセッツ(「バッテリー」)。
    引用:映画.com
  • <蘇る昭和パワー・フィルム上映>
    オン・ザ・ロード

    2018/04/14〜 04/20

    ①14:50 ②19:00
    ※上映は4/27まで
    ※二本立て(入替えなし)

    2018/04/21〜 04/27

    ①12:50 ②17:00
    ※上映は4/27まで
    ※二本立て(入替えなし)

    白バイの青年警官と、過って彼に怪我を負わされた女との憎しみから愛に変る関係を描く。脚本は「女教師のめざめ」の那須真知子、ピンク映画の監督として80本以上の作品を手がけ、これで一般映画の監督としてもデビューする和泉聖治、藤中秀紀の共同執筆、撮影は「限りなく透明に近いブルー」の赤川修也がそれぞれ担当。
    引用:映画.com