タイムテーブル

スクリーン1

  • 神様の思し召し

    kamisama_pos 公式サイト

    2017/03/25〜 03/31

    ①15:00 ②16:45 ③18:15
    ※上映は3/31まで

    『最強のふたり』の笑いと涙と感動が再び!
    何もかも正反対のふたりが巻き起こす、
    Feel Good ムービー


    2015年の東京国際映画祭で最も客席を沸かせ、観客賞の栄光に輝いたのが、本作『神様の思し召し』。主人公は、目に見えるものだけを信じる医師と、見えないものこそ信じる神父。神に心臓病は治せないし、医師に人生は治せない。真逆の立場で人を救ってきたふたりが出会って見つけた、人生の宝ものとは─? 2011年の同映画祭で大喝采を浴び、のちに劇場公開されてスーパーヒットを記録した『最強のふたり』を彷彿とさせる笑いと涙と感動が、今度はワインとピッツァとアモーレの国イタリアを舞台によみがえる!
  • アサシン クリード

    1sheet_poster_final_版下_再_ol_JPG用 公式サイト

    2017/03/25〜 03/31

    ①10:00 ②12:30
    ※上映は3/31まで

    神によって禁じられた秘宝“エデンの果実”
    今、一人のアサシン(暗殺者)がルネサンス期スペインの歴史の闇に隠された謎にダイブする!


    記憶をなくした死刑囚のカラム・リンチは信じがたい運命に導かれる。遺伝子操作(アニムス)によってDNAに眠る祖先の「記憶」を呼び起こされた彼は、その記憶を追体験させられることになる。カラムは自分の祖先が、ルネサンス期のスペインでテンプル騎士団に立ち向かうアサシン教団にぞくする、驚異的な身体能力を持つ伝説のアサシンであったことを知る。また彼の祖先は、禁じられた秘宝“エデンの果実”のありかを知る、歴史上最後の人物でもあった。自分のアイデンティティーと過去、テンプル騎士団の真の目的、そして暗殺者の信条の意味……。現在と過去を行き来して、歴史の裏に隠された多くのミステリー=謎と格闘しながら、祖先の持つ、アサシンとしての能力を手にしていくカラム。“エデンの果実”の秘密を求める彼は、自分の遺伝子の中に隠された、人類の未来を変える<禁断の秘密>を知ることになる…。
  • ジムノペディに乱れる [R18+]

    gym_01-3 公式サイト

    2017/03/25〜 03/31

    ①20:00
    ※上映は3/31まで

    豪華監督陣による表現の祭典!
    生誕45周年を記念して、日活ロマンポルノが再始動!


    1週間―。映画監督の古谷は、肌のぬくもりを求めて女たちの隙間を彷徨っていた。仕事、名声、そして愛 ...全てを失った男が、辿り着いた先に見つけたものとはー?ラブストーリーの名手・行定勲監督が、切なく不器用な大人の愛を、美しい映像にのせ官能的に描いた入魂の一作。

スクリーン2

  • 「人生って、人生って。」
    人生は狂詩曲(ラプソディ)

    jinnseiha_pos 公式サイト

    2017/03/25〜 03/31

    ①11:10 ②15:05 ③19:00
    ※上映は4/7まで
    ※二本立て(入替えなし)

    2017/04/01〜 04/07

    ①13:10 ②17:05
    ※上映は4/7まで
    ※二本立て(入替えなし)

    奴らには負けない!
    意地っ張りな大人達が繰り広げる音楽エンタテインメント!

    ベルギーを舞台に、欧州決勝大会進出を目指す2つの吹奏楽団。言語が北と南で分かれ、それぞれ自分たちの地域に誇りを持つベルギー国民は、コンクールの勝利にも地元のプライドがかかっていた。見どころは、優勝を争う2つの吹奏楽団の迫力と感動の演奏シーン。そして演奏だけでなく、出演者たちの華麗な“歌声”も注目ポイント。ストーリーをセリフだけでなく、“ミュージカル”としてその歌声で情感豊かに魅せてくれる。果たして彼らは言語の壁を越えて、音楽の力で互いを理解し合うことができるのか?!
  • 「人生って、人生って。」
    人生はビギナーズ

    beginner_pos

    2017/03/25〜 03/31

    ①13:05 ②17:00
    ※上映は4/7まで
    ※二本立て(入替えなし)

    2017/04/01〜 04/07

    ①11:10 ②15:05 ③19:00
    ※上映は4/7まで
    ※二本立て(入替えなし)

    ユアン・マクレガー主演で人生を前向きに生きようと変化してく人々の姿を繊細に描いた人間ドラマ。38歳独身で奥手なオリバーは、母に先立たれ5年がたったある日、ガンの宣告を受けた父からゲイであることをカミングアウトされる。衝撃を受けたオリバーは事実をなかなか受け止められず臆病になってしまい、運命的な出会いを果たした女性アナとの関係も自ら終わらせてしまう。しかし、真実を告白した父は残された人生を謳歌し、その姿を見たオリバーは自分の気持ちに正直に生きることを学んでいく。監督は「サムサッカー」のマイク・ミルズ。主人公の父親を演じたクリストファー・プラマーが、第84回アカデミー賞で助演男優賞を受賞。受賞時82歳で演技賞史上最高齢でのアカデミー賞受賞となった。
    引用:映画.com