さよなら、バンドアパート
G
10/14 - 10/20 (予定)【1週間限定上映】
日本
宮野ケイジ
清家ゆきち、森田望智、梅田彩佳、松尾潤
オフィシャルサイト
2021「さよなら、バンドアパート」製作委員会

さよなら、バンドアパート

原作は「note」で発表から9か月で書籍化された、ミュージシャン平井拓郎による同名小説。

ミュージシャンになる夢を持つ若者が、運命とも必然とも言える出逢いによって、路上ライブからメジャーデビューを果たし、その後の挫折までを赤裸々に描く。



原作はjuJoeのボーカルとギターを担当する平井拓郎による同名小説。「note」で発表された当初から実体験に基づくリアルすぎる描写が多くの共感を呼び、わずか9ヶ月で書籍化。

多くのバンドマンからも絶賛の声が上がり、映画化が決定。主人公のバンドマン・川嶋の波乱万丈な日々を綴った本作は、全ての”あの頃”を持つオトナたちに青春のほろ苦さを思い出させる。



KEYTALK、cinema staffがライブシーンで登場!エンド曲は、 the band apartの新録音による「Can‘t remember」!!

ミュージシャンになる夢を追う主人公が、メジャー音楽シーンの中心から挫折を得て再起するまでの物語をエモーショナルに作り上げたのは、『ニート・ニート・ニート』(18)の宮野ケイジ。



主人公・川嶋にはミュージシャンでもあり、本作が俳優デビューの清家ゆきち。運命の人・ユリには目覚ましい活躍で今最も注目を集める森田望智。川嶋と音楽活動を共にするバンドマンにKEYTALKの小野武正と松尾潤。また梅田彩佳、髙石あかりが、川嶋に影響を与える女性たちを演じている。ほかにも上村侑、石橋穂乃香、阿南健治、千原せいじといった多彩な才能が結集。さらに竹中直人が川嶋の第二の父的な存在・平原として登場し、作品に奥行きを拡げている。

また、ライブシーンでは、KEYTALK、cinema staffも登場。タイトルに冠された主人公憧れのthe band apart「Can‘tremember」が、観るものすべての心を震わせるだろう!