宝くじの不時着1等当選くじが飛んでいきました
6/45
G
スクリーン2
14:40 - 16:40
上映終了日:2/29
韓国
パク・ギュテ
コ・ギョンピョ、イ・イギョン、ウム・ムンソク、パク・セワン
オフィシャルサイト
2022 HOME CHOICE CORPORATION,SIDUS CORPORATION,TPS COMPANY ALL RIGHTS RESERVED


宝くじの不時着1等当選くじが飛んでいきました

朝鮮半島の分断を象徴する軍事境界線を越えた一枚の宝くじ!一攫千金を夢見る 韓国と北朝鮮の兵士たちが、 前代未聞の“南北会談”を開催する痛快爆笑コメディ

1953年7月27日に朝鮮戦争休戦協定が締結されて以来、今なお北緯38度線付近の軍事境界線を挟んでにらみ合う韓国と北朝鮮。一般人が近づくことは許されないこの休戦ラインは、今世紀初頭の韓国映画ブームの火付け役となったパク・チャヌク監督作品『JSA』(2000)、全世界で反響を巻き起こしたNetflixのドラマ・シリーズ「愛の不時着」(2019)などの大ヒット作の舞台になってきた。



韓国映画界が新たに放つ『宝くじの不時着 1等当選くじが飛んでいきました』もまた、朝鮮半島の分断を象徴する軍事境界線を舞台にしているが、南から北へ境界線を越えて“不時着”するのは人間ではなく、何と一枚の宝くじ! 同じJSAでも共同警備区域ならぬ“共同給水区域”で顔を突き合わせた韓国と北朝鮮の兵士たちが、賞金6億円の1等に当選したそのくじをめぐって、奇妙キテレツな人間模様を繰り広げる爆笑コメディだ。

巨額の製作費を投じた大作ではなく、大物スターも未出演。そのため本作は2022年サマーシーズンにおける韓国での公開前は完全にノーマークだったが、その突き抜けた面白さが瞬く間にSNSで拡散、封切り5日目には興収チャート1位に駆け上がるスマッシュ・ヒットとなった。その勢いがなぜかべトナムに伝わり、ベトナムにおける韓国映画の歴代興収ベストワンに輝く異例の大ヒットを記録。予測不能にして笑撃の嵐が吹き荒れるストーリー展開から目が離せない話題作が、いよいよ日本上陸を果たす。



奇想天外にして 予測不能のストーリー展開に ハラハラドキドキ、 国家間の対立を超えた友情のドラマにほろり 6億円の当たりくじをめぐる狂騒曲の行方はいかに?

ソウルの居酒屋で捨てられた一枚の宝くじが、ひょんなことから朝鮮半島の軍事境界線付近にある韓国軍監視所に流れ着く。「くじを偶然手に入れた兵士チョヌは、それが賞金6億円の当たりくじだということを知り、すっかり舞い上がって夢心地となる。ところが風のいたずらによって軍事境界線を越えたそのくじは、北朝鮮の兵士ヨンホに拾われてしまう。真夜中の非武装地帯の草原で対面したふたりの話し合いは決裂し、くじの所有権を巡る交渉は彼らの上官や同僚を巻き込んで、3対3のチーム戦に発展。やがて森の中の共同給水区域で対峙した両者は、当たりくじを換金して山分けするために一時的な同盟関係を結ぶのだが……。



奇想天外なアイデアに基づく本作の魅力は、政治的にも軍事的にも長らく敵対している韓国と北朝鮮の兵士たちが、一枚の宝くじをめぐって“南北会談”を開催するというシチュエーションにある。当たりくじの最初の拾い主である南の兵士チョヌ、第二の拾い主となった北の兵士ヨンホを中心に、3人ずつで構成された両軍が互いの欲望とプライドを剥き出しにして、6億円という莫大な富をもたらすくじの所有権を主張。やがて賞金を山分けするための危険な秘密作戦に身を投じ、想定外のトラブルに見舞われていく彼らの珍妙な奮闘ぶりが弾けるような笑いを生み、一攫千金の夢で結ばれた友情のドラマがほろりと涙を誘う。

朝鮮半島の分断というシリアスな背景を逆手に取り、爽快なユーモアと幸福感に満ちあふれたコメディを完成させたのは、これが長編2作目となるパク・ギュテ監督。さらに『別れる決心』のコ・ギョンピョ、『ヒットマン エージェント:ジュン』のイ・イギョン、「ヴィンチェンツォ」「ビッグマウス」のクァク・ドンヨンらの次世代スター、若手注目株が個性豊かなキャラクターに扮し、絶妙のケミストリーを披露している。