またヴィンセントは襲われる
Vincent doit mourir
G
スクリーン2
19:40 - 21:30
上映終了日:6/20
フランス
ステファン・カスタン
カリム・ルクルー、ヴィマーラ・ポンズ、フランソワ・シャト、マイケル・ペレス
オフィシャルサイト
2023 - Capricci Production - Bobi Lux - GapBusters - ARTE France Cinema - Auvergne-Rhone-Alpes Cinema – RTBF


またヴィンセントは襲われる

世界は狂う 「ただ目が合っただけ」で周囲の人々に 襲われるようになった男が生き残りの果てに辿り着く <終末>を描いたフランス発の不条理サバイバル・スリラー



主人公ヴィンセントを『バック・ノール』のカリム・ルクルーが演じた本作は、第76回カンヌ国際映画祭の批評家週間に選出されゴールデンカメラ賞にノミネート。シッチェス・カタロニア国際映画祭では最優秀主演俳優賞を獲得するなど、世界各地の映画祭で高い評価を得た。さらにXYZ films配給によるハリウッドリメイクも決定されている。



<監督からのコメント>

「目が合うと殺意が芽生える世界」を通して現実の社会的暴力をどう伝えるべきか。ヴィンセントは、この不条理な世界をある仮説に基づく実験として受け止めています。私は、彼の行動には心理描写がなく、風刺めいたキャラクター性が特に気に入っています。カリム・ルクルーを主人公に選んだのは、彼が優しくも恐ろしく、そして驚くほどに存在感があるからでした。この手のジャンルのモチーフに忠実でありたいと思い、本作と同じく迫害や虐待をテーマにした、マーティン・スコセッシ監督の『アフター・アワーズ』を参考にしました。受難の先にある出会いは私たちに互いを癒し合う関係性をもたらすのです。この映画のユーモアは、悲劇や混乱といった深刻な状況の中から偶発的に生まれる矛盾そのものにあると考えています。



<ストーリー>

ヴィンセントはある日、職場で突然暴行を受ける。ケガが癒える間もなく、今度は別の同僚にも襲われたが、加害者たちは襲撃時の記憶がないと言う。「事件の原因は被害者の方にあるのでは」と疑われるヴィンセント。しかし彼に対して殺意を抱く者は後を絶たなくなり、見ず知らずの他人ですら命を狙ってくるように。「自分と目線が合った瞬間に、人々は襲いかかってくる」....終わらない襲撃の法則をかろうじて発見したヴィンセントは、生き残りをかけた<自衛>を開始する。