20歳のソウル
G
上映開始日:7/22
上映終了日:8/4
日本
秋山純
神尾楓珠、尾野真千子、福本莉子、佐野晶哉
オフィシャルサイト
2022「20歳のソウル」製作委員会


20歳のソウル

千葉県船橋市立船橋高校に代々受け継がれている応援曲「市船soul」。 その楽曲は、市船を勝利へ導く神応援曲としてSNS上で話題になりました。 そしてその名曲誕生の裏側には、20歳という若さで、短い人生の幕を閉じた浅野大義(たいぎ)という青年がいました。

仲間・恋人・家族そして音楽を愛し、また、沢山の人々から愛された大義。 「大義の魂に音楽を聴いてもらおう」顧問・高橋先生の呼びかけに、彼の告別式には164人の吹奏楽部員が集まりました。そこで奏でられたのは「市船soul」。これまで仲間の背中を押し続けてきた「市船soul」が、大義を天国へと送り出したのです。



彼が残した音楽は後輩たちに受け継がれ、いまも彼の魂とともに生き続けています。 そして2022年、この感動の実話が映画化。

いま最注目の若手俳優・神尾楓珠が、主人公・浅野大義を演じ、さらに、佐藤浩市、尾野真千子をはじめとする豪華俳優陣がアンサンブルを奏でます。 吹奏楽部の絆が生んだ希望と感動の実話を今、届けます。



<ストーリー>

浅野大義(神尾楓珠)は市立船橋高校吹奏楽部に所属する男の子。担当はトロンボーン。 活発で優しく、そして真っすぐな大義は、いつも周囲を明るく照らし、そして大義自身も部員たちに支えられ、青春を謳歌していた。 なにより特別な存在である顧問・高橋健一先生(佐藤浩市)に大きな影響を受け、心身共に成長していった。



大義は、市船・野球部のために、オリジナル応援曲の作曲に挑戦。作曲の難しさに葛藤しながらも 高橋先生からの叱咤激励や親友・佐伯斗真(佐野晶哉<Aぇ! group/関西ジャニーズJr.>)の助け、母・桂子(尾野真千子)の応援もあり「市船soul」が誕生する。そして、いざ試合で演奏されるとたちまち得点を呼ぶ〝神応援曲″と呼ばれる様になる。

高校を卒業した大義は、高橋先生の様な教師を志し音楽大学へ進学、夢に向かってキャンパスライフを過ごしていた。 そんなある日、大義の身体を異変が襲う。診察の結果、大義の身体は癌に侵されていた——。