階段の先には踊り場がある
G
スクリーン2
14:10 - 16:30
10/2(日) 上映終了後舞台挨拶
上映終了日:10/13
日本
木村聡志
植田雅、平井亜門、手島実優、細川岳
オフィシャルサイト
LesPros entertainment


階段の先には踊り場がある

凸凹な人生の酸いも甘いも きっと大事な通り道 “超等身大恋愛会話群像劇”が誕生

大学生の初々しい恋愛と、常に円満とはいかない人間関係の難しさ、そして夢に向かう希望と挫折をくすっと笑えるユーモアを交えて描く『階段の先には踊り場がある』。脚本・監督を務めたのは、2018年に初の長編映画『恋愛依存症の女』で劇場デビューを果たし、同年池袋シネマ・ロサのレイトショー動員記録を樹立、2019年には凱旋アンコール上映を達成した木村聡志。



主人公・ゆっこを演じるのは、注目の新人女優・植田雅。映画『別に、友達とかじゃない』(20)で主演をつとめ、本作で長編映画主演は2度目となる。木村監督は「彼女は繊細で無色透明。と同時に何色にも変化する力強さを感じる」とその演技に注目している。先輩役には映画『うみべの女の子』(21)『シチュエーションラヴ』(21)など話題作への出演が続く俳優でモデルの平井亜門。思わせぶりでちょっぴりクセのあるキャラクターに挑んでいる。さらには、多部役には2019年度キネマ旬報新人女優賞ノミネートや映画『猫は逃げた』(22)『よだかの片想い』(22)の出演など評価が高まる手島実優、

滝役には『佐々木、イン、マイマイン』(20)の出演ほか注目を集める細川岳、港役には2019年ミスiDファイナリスト「VOCE賞」「フェアプレー賞」ダブル受賞などモデル・役者として活躍する朝木ちひろが出演する。



池袋シネマ・ロサで 記録的な一大旋風を巻き起こした 才能が生む最新作

別れた後も同棲し曖昧な関係を続ける大学生のゆっこと先輩、そこに近づく多部。そして5年という月日を一緒に過ごしているが将来を見出せずにいる社会人の滝と港。それぞれの“ままならない”日常が独特の語り口の中で交錯し、リアルな葛藤と大切な想いが心の奥底から浮かびあがる。クセのある登場人物たちによるリズミカルな会話やドラマティックな回想シーンが多用され、コメディの要素を強く感じさせる。木村監督が得意とする会話劇が散りばめられている。



本作は心温まる・圧倒される・鼓舞されるなど、さまざまなニュアンスを持つ“感動”を肯定し、観客の心を揺さぶる企画を全国から募集した映画コンペティション「感動シネマアワード」のグランプリ受賞作であり、レプロエンタテイメント出資のもと製作された。