ハピネス
G
上映開始日:6/28
上映終了日:7/11
日本
篠原哲雄
窪塚愛流、蒔田彩珠、橋本愛、山崎まさよし、吉田羊
オフィシャルサイト
嶽本野ばら/小学館/「ハピネス」製作委員会

ハピネス

「私ね、あと1週間で死んじゃうの」

恋人の突然の告白からはじまった“ふたりの7日間”は、悲しいけれど、幸福と愛に満ちあふれた、かけがえのない奇跡だった──。 残り少ない日々を命の限り輝かせようとする少女と、そんな彼女の夢を全力で支えようと奔走する少年とが繰り広げる純度100%のラブストーリーがここに誕生した。



物語の主人公は、心臓の病気のため、医者から余命1週間と告げられた高校2年生の由茉と、突然の告白に戸惑いながらも、彼女との幸せな日々を一緒につくりあげることに協力する恋人・雪夫。逃れられない運命に対する絶望や動揺、怒り、悲しみなど、すべての感情を抱え込んだ上で、慎重に生きることよりも、残りの人生を笑顔で、幸せに過ごすことを選んだ2人。



「下妻物語」の作者・嶽本野ばらによる同名小説を人間ドラマの名手篠原哲雄監督が映画化。主人公の2人を映画『麻希のいる世界』『少女は卒業しない』、ドラマ「最高の教師 1年後、私は生徒に■された」などで注目の若手俳優・窪塚愛流と、映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』『朝が来る』やドラマ「おかえりモネ」の若き実力派・蒔田彩珠の2人が好演。雪夫を全力で応援する姉・月子に橋本愛、余命わずかな娘の幸せを願う由茉の両親に山崎まさよしと吉田羊ら実力派俳優が脇を固める。



命が燃え尽きる瞬間まで、愛する人のぬくもりを感じ続けていたい──。 自分らしく生きるということがどれほど尊くて、ハッピーなことなのか。 そんな奇跡のような7日間の物語に、きっと誰もが“ハピネス”に包まれる──。